2019年度参戦ドライバー最新版

2019年度参戦ドライバー最新版

LINEで送る
Pocket


現在参戦中のドライバー

Andre Lotterer

Antonio Felix da Costa

Daniel Abt

Edoardo Mortara

Jean-Eric Vergne

Jerome D’Ambrosio

Lucas di Grassi

Mitch Evans

Oliver Turvey

Sam Bird

Sébastien Buemi

Maximilian Günther

Alexander Sims

Brendon Hartley

Nico Müller

Robin Frijns

Pascal Wehrlein

Stoffel Vandoorne

Nyck de Vries

Ma Qinghua

Oliver Rowland

James Calado

Neel Jani

Felipe Massa




Andre Lotterer
アンドレ・ロッテラーporsche-sideon

誕生日 1981/11/19
出生地: ドイツ デュースブルク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ポルシェ

経歴:

アンドレ・ロッテラーは、チャンピオンチームのテチーターから新規参戦のポルシェへ移籍する。

1981年にデュイスブルクで生まれ、ベルギーのニヴェルで育った。
16歳で4輪レース参戦を開始し、ADAC フォーミュラジュニア チャンピオン、ADAC フォーミュラ チャンピオンをそれぞれ獲得。
F3参戦を得て、F1のリザーブドライバーにも就任した。
ル・マン24時間レースでは3勝を記録、FIA世界耐久選手権のタイトルを獲得するなど、アウディとポルシェチームとの耐久レースで成功した。
また、日本のスーパーフォーミュラシリーズに 10年間参戦したことで日本でも知名度が高く、2011年には圧倒的な強さでタイトルを獲得した。
フォーミュラEでは2017/2018シーズンから参戦し、初年度から複数の表彰台を獲得。
昨シーズンは後半戦の失速があったものの、ドライバーズランキング8位となっている。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Antonio Felix da Costa
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタPLAIN_TECHEETAH_LIVERY

誕生日 1991/08/31
出生地: ポルトガル リスボン
公式ウェブ:  フォーミュラE公式
チーム: テチーター

経歴:

BMWワークスチームでの2018/2019シーズンを終え、チャンピオンチームであるテチーターへ移籍することになった。

レース家系出身のダ・コスタは9歳の時にはポルトガル選手権に参戦し、年上のレーサーと競い合っていた。
2008年には、Formula Renault 2.0でシングルシートに参戦し、翌年にはシリーズチャンピオンを獲得。
フォースインディアF1チームやレッドブルF1チームでテストドライバーを務め、GP3とFormula Renault 3.5でシリーズを戦った。
マカオGPでは2度の優勝を記録しており、市街地コースでの速さには定評がある。
フォーミュラEには初年度から参戦しており、アムリンアグリで優勝をしている。
昨シーズンはランキング6位となり、今シーズンではチャンピオンを争う可能性も十分にある。

by EVracing

Topに戻る


Daniel Abt
ダニエル・アプトaudi-digrassi-s66

誕生日 1992/12/13
出生地: ドイツ ケンプテン
公式ウェブ:  フォーミュラE公式
チーム: アウディ

経歴:

初年度から引き続きアウディチームで戦う。

ダニエル一家は、モータースポーツの世界では有名であり、父のハンスユンゲンは、アプトスポーツラインの主なオーナーであり、DTMシリーズに参加。
叔父のクリスチャン・アプトもレーシングドライバーでDTMにていくらかの功績を残した。
ダニエルは6才でカートをはじめ、すぐにフォーミュラ3ユーロシリーズへ上り詰め、彼は2011年に最年少ドライバーとしてデビューし、3度表彰台へのぼりました。
数々のフォーミュラシリーズに参戦し、ロータスGPチームでGP3にて奮戦して、2勝あげ、7回表彰台へ上った。
その後GP2に参戦し、経験を積んだ後にフォーミュラEに参戦。
初年度からフォーミュラEで戦ってきた経験があり、非常に安定した成績を残している。
2017/2018シーズンでは念願の初優勝も記録している。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Edoardo Mortara
フエドアルド・モルタラventuri-s6-car

誕生日 1987/01/12
出生地: スイス ジュネーヴ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリー

経歴:

数少ないGTドライバーとして奮闘するモルタラは、ベンチュリー残留でシーズンを戦う。

1987年にジュネーブで生まれたモルタラは、フォーミュラルノーでシングルシーターレースをスタートした。
すぐにユーロF3へとステップアップし、2年目にはランキング2位を獲得。
2010年にはユーロF3チャンピオンとなる。
マカオGPでは特に強く、初参戦で表彰台を獲得し、2009/2010の2年連続優勝を達成した。
その後はアウディチームからGTレースに参戦し、マカオGTレースでは複数回の優勝を記録した。
フォーミュラEでは苦戦しているものの、昨シーズンは初優勝を記録。
チームの競争力次第では注目となる可能性がある。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Jean-Eric Vergne
ジャン・エリック・ベルニュPLAIN_TECHEETAH_LIVERY25

誕生日 1990/04/25
出生地: フランス ポントワーズ
公式ウェブ:  フォーミュラE公式
チーム: テチーター

経歴:

ジャン・エリック・ベルニュは初の2タイムズチャンピオンとなり、テチーターに残留した。

彼は4歳の時からユルメイユにある彼の父が所有するカートサーキットで練習し、非常に早くキャリアをスタートした。
ベルニュは、カートレースにおいて多くの成功を収めた。
2007年に4輪へ進み、初年度から6つの勝利でフォーミュラ・ルノー・キャンパス選手権のチャンピオンを獲得した。
翌年の2008年はフォーミュラ・・ルノー2.0フランス選手権チャンピオンを獲得する。
ベルニュは2010年の英国F3チャンピオンシップにおいてチャンピオンを獲得。
F3と並行参戦していたフォーミュラ・ルノー3.5でも、3回のポディウムと1回の勝利を獲得した。
2012年にF1へステップアップし、3年間最高峰で戦い、マシンの競争力不足に苦しみながらも最終年はランキング13位を獲得した。
フォーミュラEでは初年度途中から参戦。
デビューシーズンから表彰台に複数回登り競争力を発揮した。
現チャンピオンであり、唯一の複数回チャンピオンでもある。

by EVracing

Topに戻る


Jerome d’Ambrosio
ジェローム・ダンブロシオ0007-Mahindra-Wehrlein64

誕生日 1985/12/27
出生地: ベルギー エテルビーク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: マヒンドラ

経歴:

マヒンドラから参戦を続けるフォーミュラEベテランドライバーのダンブロシオ。

1995年にカートを始め、いくつものカートタイトルを勝ち取った。
4輪にステップアップしてからは主にフォーミュラルノーシリーズで戦い、2008年からはF1直下のGP2シリーズに参戦。
GP2ではDAMSチームで参戦し、同時にGP2アジアシリーズにも参戦した。
GP2アジアシリーズでは小林可夢偉のチームメイトとなり、小林可夢偉に次ぐ2位でシリーズを終了した。
GP2シリーズでも時折速さを見せ、リバースグリッドでポールスタートとなったモナコGPのレース2で初優勝を飾った。
2010年からはF1のテストドライバーを務め、2011年にF1デビューを果たす。
しかし戦闘力の低いマシンでの戦いを強いられ、目立った活躍はできなかった。それでもチームメイトのティモ・グロックよりも速いことが多くあった。
フォーミュラEには初年度から参戦を続けるベテランであり、優勝経験もある。
昨シーズンは開幕戦で3位表彰台を獲得し、第二戦では優勝を飾ったものの、シーズン後半戦は苦しみランキング11位となった。

by EVracing

Topに戻る


Lucas di Grassi
ルーカス・ディ・グラッシaudi-digrassi-s6

誕生日 1984/08/11
出生地: ブラジル サンパウロ
公式ウェブ:  フォーミュラE公式
チーム: アウディ

経歴:

2桁勝利を記録している数少ないドライバー。 初年度から変わらず、アウディで参戦を続ける。

ルーカス・ディ・グラッシは1994年にカートレースを始め、パンアメリカン/南米/ブラジル選手権でチャンピオンを獲得した。
4輪にステップアップすると、初年度から競争力を発揮する。
南米F3シリーズではデビューイヤーをランキング2位で終え、すぐに英国F3シリーズに参戦し、2度の優勝を獲得した。
2005年にはユーロF3シリーズでランキング3位、更にマカオGPでは優勝を飾った。
2006年からGP2に参戦し、2年目以降は常にトップ争いに加わり、ランキング2位が1回と3位が2回だった。
2010年にはヴァージンレーシングでF1に参戦。
しかし、その後F1でシートを獲得することができずにピレリのテストドライバーとなった。
2012年からはGTカーでのレースに出場するようになり、2013年にはル・マン24時間レースでポディウムを獲得した。
WECには2016年まで出場しており、安定した走りに定評があった。
フォーミュラEには初年度から参戦を続けており、2016/2017シーズンはシリーズチャンピオンを獲得している。
また、フォーミュラE初代優勝者でもある。
昨シーズンは2勝を記録しランキング3位で終えた。
フォーミュラEでの5年間は全てランキング3位以内と言う驚異の安定感を持っている。

by EVracing

Topに戻る


Mitch Evans
ミッチ・エバンスjag-s5-plain20

誕生日 1994/6/24
出生地: ニュージーランド オークランド
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ジャガー

経歴:

ジャガーの若きエースは、今シーズンもジャガーに残留しチャンピオンシップを戦う。

ニュージーランドフォーミュラフォードやオーストラリアフォーミュラフォードで活躍したエバンス。
2011年にはGP3シリーズに参戦し初年度から優勝を記録。
翌年にはGP3タイトルを獲得しGP2へステップアップを果たす。
GP2でも優勝を何度か獲得するが、ランキング4位が最高位となり、2016年を最後にGP2参戦を終了した。
2016/2017シーズンからフォーミュラEに参戦を開始。
初年度はマシンに苦しんだが、2年目には表彰台を獲得。
そして昨シーズンは初優勝を飾り、シーズン後半には連続表彰台を獲得した。
その他のレースでもコンスタントにポイントを獲得し、ランキング5位となった。
年々勢いを増している若手のエバンスはジャガーレーシングのエースとして2019/2020シーズンを戦う。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Oliver Turvey
オリバー・ターベイma-car3

誕生日 1987/01/04
出生地: イギリス ペンリス
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: NIO

経歴:

NIOに残留することになったターベイ。今シーズンは巻き返しを狙う。

イギリス出身のオリバー・ターベイは8歳からカートのキャリアをスタートし順調に進んだ。
2003年にシングルシーターにステップアップし、フォーミュラルノー2.0をドライブした。
2006年には一流の登竜門として知られるマクラーレン・オートスポーツBRDC賞を獲得した。
2010年にGP2に参戦し、表彰台を複数回獲得。
ランキング6位でシーズンを終えた。
2013年からは耐久レースに参戦し、2014年にはLMP2クラスで優勝を果たす。
日本のスーパーGTにも2015年と2016年の途中まで参戦し、ホンダNSXでGT500クラスを戦った。
フォーミュラEには初年度にもスポット参戦しており、レース経験は多くある。
しかし、表彰台は2017/2018シーズンの一度のみで、ランキング10位が最高となっている。
特に昨シーズンは厳しい戦いとなり、入賞は3回のみでランキング20位と低迷している。

by W.Yamashita

Topに戻る


Sam Bird
サム・バードvirgin-racing-plain

誕生日 1987/01/09
出生地: イギリス ローハンプトン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ヴァージン

経歴:

初年度から参戦を続ける実力者。今シーズンもヴァージンレーシングに残留しチャンピオンシップを戦う

サム・バードは2002年にゴーカートレースデビュー。
フォーミュラBMW フォーミュラルノーを戦った後、イギリスF3に参戦。
イギリスF3をランキング4位で終えると翌年にはF3ユーロシリーズに参戦し、表彰台を度々獲得した。
2010年からGP2シリーズにステップアップ。
2013年にはGP2でランキング2位となった。
2014年からWECにも参戦しており、2015年にはLMP2クラスでシリーズチャンピオンとなった。
フォーミュラEには初年度から参戦。
毎年最低1勝しており、激しいバトルを多く展開している。
昨シーズンは中盤のノーポイントが響きランキング9位となったが、チャンピオン候補の一人である。

by EVracing

Topに戻る


Sébastien Buemi
セバスチャン・ブエミnissan-2019-plain

誕生日 1988/10/31
出生地: スイス アイグル
公式ウェブ:  フォーミュラE公式
チーム: 日産

経歴:

昨シーズンから引き続き日産のエースドライバーとなるブエミ。

セバスチャン・ブエミは2004年にドイツフォーミュラBMWでデビューし、ランキング3位となる。
2006年からF3ユーロシリーズに参戦し、同時にフォーミュラルノー2.0にも参戦。
2007年にはGP2シリーズに参戦。
初年度は苦しんだが、翌年には2度の優勝を記録しランキング6位となる。
そして2009年にF1にトロ・ロッソから参戦。
3年間F1で戦い、F1から引退した後は2012年からトヨタと共にWECに参戦。
WECでは2013年からフル参戦し、2014年と2018年にシリーズチャンピオンを獲得した。
ルマン24時間レースも2018年と2019年に優勝。
フォーミュラEでも輝かしい成績を残している。
2015/2016シーズンではシリーズチャンピオンを獲得。
2016/2017シーズンは欠場したレースがあるにも関わらず、シーズン6勝を記録してランキング2位となる。
昨シーズンは終盤の4連続表彰台もあり、ランキング2位となった。
日産としては2年目となる今シーズンは、もちろんチャンピオン奪還を目指す。

by  W.Yamashita

Topに戻る


Maximilian Günther
マックス・ギュンターBMW-SIMS28

誕生日 1997/07/02
出生地: ドイツ オーバーストドルフ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: BMW

経歴:

フォーミュラEでのルーキーシーズンを終えたギュンターは、ドラゴンレーシングからBMWへ移籍し2019/2020シーズンを戦う。

フォーミュラBMWでキャリアをスタートさせたギュンターはすぐにF3までステップアップ。
2016年にはF3ヨーロッパシリーズでランキング2位となり、翌年も3位を獲得した。
2018年にBWTからF2に参戦。
開幕戦バーレーンのレース2ではいきなり2位表彰台を獲得し、シルバーストーンでのレース2では初優勝を果たす。
その後すぐにフォーミュラEに参戦することになった。
昨シーズンはルーキーイヤーながら、第8戦と第11戦で5位入賞。
競争力が低いマシンながら時折見せる速さは今後に期待が持てる。
ランキングは17位ではあったが、チームメイトを上回る走りをした。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Alexander Sims
アレクサンダー・シムズBMW-SIMS

誕生日 1988/03/15
出生地: イギリス ロンドン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: BMW

経歴:

BMWワークスでシーズンを戦ったシムズはBMWに残留し、新しいチームメイトであるギュンターと共にシーズンに挑む。

フォーミュラ・ルノーでキャリアをスタートさせたシムズは少しずつ各カテゴリーで経験を積んできた。
2009年から2016年までの長期間、多くのF3レースに参戦し、2017年からはGTレースをメインにシリーズを戦っている。
フォーミュラEには2018/2019シーズンから参戦を始めた。
昨シーズンはチームメイトからポイント差がついてしまったものの、最終戦で初表彰台を獲得した。
ランキングは14位でシーズンを終えた。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Brendon Hartley
ブレンドン・ハートレイgeox-dragon-lopez-car0

誕生日 1989/11/10
出生地: ニュージーランド
パーマストン・ノース
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン

経歴:

元F1ドライバーであり、WECで頂点を極めたハートレーがフォーミュラEにドラゴンレーシングから初参戦。

6歳からカートを始めて、レッドブルの育成ドライバーとしてキャリアを進めた。
フォーミュラトヨタやフォーミュラルノーで多くのオープンホイールレースに参戦し経験を積んだが、レッドブル育成枠から外されてしまう。
その後は新たなスポンサーの協力でGP2に参戦。
2012年からは耐久レースに移行し、2014年からWECに参戦したポルシェのドライバーとしてLMP1に参戦。
2015年と2017年にはシリーズチャンピオンを獲得。
2017年はルマン24時間レースでも優勝を達成した。
WECでの活躍があり、2017年終盤戦からF1にトロロッソで参戦。
2018年は初のフル参戦となったが、思うような成績を残すことができずに、この年でシートを失った。
現在はトヨタでWECに参戦しているが、並行でフォーミュラEにも参戦することとなった。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Nico Müller
ニコ・ミュラーgeox-dragon-lopez-car

誕生日 1992/02/25
出生地: スイス トゥーン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン

経歴:

アウディワークスドライバーがフォーミュラE初のフル参戦。

フォーミュラルノー2.0からオープンホイールキャリアをスタートさせたミュラー。
2010年から2年間、GP3に参戦し上位を争った。
初年度から優勝争いに入り、ランキングは3位と4位を獲得した。
翌年からはフォーミュラルノー3.5に参戦し、2年目にGP優勝を達成した。
2014年からはGTやツーリングカーレースに戦いの場を移し、主にDTMとBESに参戦した。
2019年はDTMでシリーズランキング2位となり、フォーミュラEに良い流れを持ち込めるか注目される。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Robin Frijns
ロビン・フラインスvirgin-racing-plain

誕生日 1991/08/07
出生地: オランダ マーストリヒト
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ヴァージン

経歴:

ヴァージンレーシングに残留し、2シーズン目を開始するフラインス。

カートを経て、フォーミュラBMWから4輪デビューを果たしたフラインスは、数々のシリーズでルーキーイヤーから速さを見せた。
2010年にフォーミュラBMWでシリーズチャンピオンを獲得。
翌年2011年にユーロフォーミュラルノー2.0に参戦し、初年度にチャンピオンを獲得。
2012年にステップアップしたフォーミュラルノー3.5でも初年度にチャンピオンを獲得。
2013年にはGP2に数戦参戦し、すぐに優勝を達成。
ザウバーでF1テストドライバーとなる。
2014年もケータハムでテストドライバーを務めたが、この年を持ってケータハムがF1から撤退したため、F1参戦の可能性は少なくなってしまう。
2015年からはGTレースに参戦し始め、ブランパンGTでは5度の優勝でいきなりチャンピオンを獲得した。
2015/2016シーズンからフォーミュラEに参戦を始める。
昨シーズンは初優勝を飾り、最終戦でも自身2度目の優勝を達成した。
シリーズランキングでは4位となり、急成長を見せた。

by W.Yamashita

Topに戻る


Pascal Wehrlein
パスカル・ウェーレイン0007-Mahindra-Wehrlein

誕生日 1994/10/18
出生地: ドイツ ジークマリンゲン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: マヒンドラ

経歴:

最年少DTM王者はマヒンドラ残留で初優勝を狙う。

ADAC フォーメルマスターズからフォーミュラデビュー。
翌年にチャンピオンを獲得し、F3ユーロシリーズとFIA F3シリーズにステップアップ。
どちらのシリーズでも優勝を獲得してランキング上位に入る。
マカオGPでは4位を獲得。
翌年はFIA F3にスポット参戦をし、主な戦いの場をDTMへと移した。
DTMでは2年目に初優勝をすると、2015年にシリーズチャンピオンを獲得した。
これはDTM史上最年少でのチャンピオン獲得となり、翌年にはF1直下カテゴリー(F2 GP2 FR3.5等)以外からのF1参戦者となり、近年では珍しい経歴となった。
F1でも能力の高さを発揮し、GP内で最も戦闘力が低いと言われていたマシンを操りポイントを獲得しグランプリを盛り上げた。
2017年もザウバーからF1に参戦し、チームメイトに勝利するものの、シートを獲得することができずにF1から離れた。
フォーミュラEには昨シーズンから参戦しており、第3戦では初優勝を目前にしてバッテリー切れで2位に後退する悔しいレースがあった。
今シーズンはもちろん優勝を狙って戦っていく。
2018/2019シーズンはランキング12位。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Stoffel Vandoorne
ストフェル・バンドーンmercedes-eq-livery

誕生日 1992/03/26
出生地: ベルギー コルトレイク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: メルセデス

経歴:

元F1ドライバーであり、昨シーズンから参戦を続けるバンドーンは、HWAがメルセデスになるもののチームに残留することとなった。

1998年にカートを始め、比較的長くカートの乗っていた。
2010年にF4ユーロカップに参戦し、そのままチャンピオンを獲得。
翌年からフォーミュラルノー2.0にステップアップを果たすと、2012年にユーロフォーミュラルノー2.0でチャンピオンを獲得。
翌年はフォーミュラルノー3.5にステップアップし、ランキング2位を記録。
そしてすぐにGP2にステップアップする。
初年度からランキング2位となり、2年目に大差でGP2チャンピオンを獲得した。
2016年には日本でスーパーフォーミュラに参戦し、2勝を記録してランキング4位となる。
2017年からF1にフル参戦を開始するが、マシンの戦闘力不足で厳しいシーズンを送る。
2018年もマクラーレンからF1に参戦するが、この年も低迷期であり成績は振るわなかったため、F1シートを失った。
フォーミュラEには2018/2019シーズンから参戦しており、シーズン前半は苦しい戦いだったが、第7戦の表彰台獲得で流れは変わり後半戦では度々ポイントを獲得した。
ランキングは16位となった。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Nyck de Vries
ニック・デ・ブリーズmercedes-eq-livery

誕生日 1995/02/06
出生地: オランダ スネーク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: メルセデス

経歴:

期待の若手がフォーミュラEのメルセデスからルーキーシーズンを開始。

カート時代から世界戦でチャンピオンを獲得する実力者である。
フォーミュラには2012年からステップアップを果たし、2014年から頭角を現し始める。
フォーミュラルノー2.0でチャンピオンを獲得してフォーミュラルノー3.5にステップアップ。
ルーキーシーズンでランキング3位となると、翌年にはGP3に参戦。
1年間のGP3シリーズ後にF2にステップアップ。
F2では2017年に1勝しランキング7位。
2018年は3勝しランキング4位。
そして2019年は4勝を記録してランキング1位となっている。
将来、F1参戦の可能性もある若手がフォーミュラEでどれだけ活躍できるか注目が集まる。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Ma Qinghua
マー・チンホワma-car

誕生日 1987/12/25
出生地: 中国 上海
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: NIO

経歴:

中国チームから初のフル参戦を果たす中国人ドライバー。

2005年にアジアンフォーミュラルノー2.0でキャリアをスタート。
ヨーロッパでのF3シリーズ参戦を経て、2014年からWTCCにシトロエンから参戦した。
2015/2016シーズンにはアムリン・アグリから数戦にスポット参戦し、その後もテチータやNIOでスポット参戦を度々してきた。
現在はWTCRに参戦している。
フォーミュラEではまだポイント獲得ができていないため、今シーズンは初ポイントをまずは狙っていくことになる。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Oliver Rowland
オリバー・ローランドnissan-2019-plain

誕生日 1992/08/10
出生地: イギリス シェフィールド
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: 日産

経歴:

昨シーズンからフォーミュラEに参戦している若手ドライバーローランドは、日産に残留。

2010年にフォーミュラルノー2.0シリーズで4輪デビュー。
2014年にフォーミュラルノー3.5シリーズにステップアップすると、翌年に8勝を記録しシリーズチャンピオンになる。
2015年はGP2にもスポット参戦をし、2016年からフル参戦を開始。
2017年に初優勝を飾りランキング3位で終える。
2018/2019シーズンのフォーミュラE初年度は、元チャンピオンのブエミとチームを組むプレッシャーがありながらも、互角の速さを見せた。
3回のポールポジションと2回の表彰台を獲得し、ランキング10位でシーズンを終えた。

                                                     by EVracing

Topに戻る


James Calado
ジェームズ・カラドjag-s5-plain

誕生日 1989/06/13
出生地: イギリス クロップソーン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ジャガー

経歴:

GTマシンで耐久レースに参戦してきたフェラーリドライバー。

1999年にカートからキャリアをスタートさせたカラドは2008年にフォーミュラルノー2.0に参戦開始。
初年度からウィンターシリーズでチャンピオンを獲得する。
2010年にイギリスF3に参戦すると5勝を記録しランキング2位になった。
翌年からGP3シリーズにステップアップしランキング2位を獲得する。
その後すぐにGP2に参戦を開始し、2戦目で優勝を達成。
初年度はランキング5位になり、2013年はランキング3位になった。
GP2では2年間で4勝を記録したものの、F1にステップアップすることはなかった。
2014年からはWECにGTE proクラスから参戦。
現在でもフェラーリチームの一員としてWECに参戦を続けている。
2017年にはGTE proクラスでシリーズチャンピオンを獲得した。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Neel Jani
ニール・ジャニporsche-sideon

誕生日 1983/12/08
出生地: スイス ロールシャッハ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ポルシェ

経歴:

ドイツ系スイス人のハーフであり、ポルシェでWECを戦った大ベテラン。

2003年から4輪キャリアをスタートしたジャニはフォーミュラルノーV6で初年度に2位を獲得。
その後GP2とA1GPでフォーミュラを戦った。
A1GPでは2007/2008シーズンでチャンピオンを獲得し、その他の年もチャンピオン争いをした。
2009年からはWECでLMP1を操り、今現在でも参戦を続けるベテランドライバー。
2016年はLMP1のシリーズチャンピオンを獲得した。
フォーミュラEには2017/2018シーズンに2戦だけ参戦している。
ポルシェワークスチームの一員として初戦から注目が集まる。

                                                     by EVracing

Topに戻る


Felipe Massa
フェリペ・マッサventuri-s6-car

誕生日 1981/04/25
出生地: ブラジル サンパウロ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリー

経歴:

F1で数々の勝利を手にし、チャンピオン争いをしてきたベテランは、ベンチュリーに残留しシーズンに向かう。

1998年から4輪レースに参戦を始めたマッサ。
フォーミュラシボレーブラジルに参戦し、2年目の1999年にシリーズチャンピオンを獲得。
2000年からフォーミュラルノー2000で2つのシリーズに参戦し、両選手権でチャンピオンを獲得。
翌年、ステップアップを果たしユーロフォーミュラ3000に出場して、8戦中6勝でシリーズチャンピオンを獲得。
2002年にザウバーでF1デビューを果たすと、2006年にフェラーリF1チームに加入する。
2008年は最終戦までチャンピオンを争った。
2017年までF1で走り続け、優勝11回/表彰台41回を記録した。
昨シーズンからフォーミュラEに参戦し、第9戦で初表彰台を獲得。
シリーズランキングは15位となった。

                                                     by EVracing

Topに戻る



LINEで送る
Pocket