2016年度参戦ドライバー最新版

2016年度参戦ドライバー最新版

LINEで送る
Pocket

現在参戦中のドライバー

Adam Carroll

Antonio Felix da Costa

Daniel Abt

Esteban Gutierrez

Felix Rosenqvist

Jean-Eric Vergne

Jerome d’Ambrosio

Jose Maria Lopez

Loic Duval

Lucas di Grassi

Maro Engel

Mitch Evans

Nelson Piquet

Nick Heidfeld

Nico Prost

Oliver Turvey

Robin Frijns

Sam Bird

Sébastien Buemi

Stéphane Sarrazin


Adam Carroll
アダム・キャロル

誕生日 1982/10/26
出生地: 北アイルランド ポータダウン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: パナソニック・ジャガー・レーシング

経歴:

キャロルは初めてのGP2レースの優勝者だったことは、ご存知ですか?

キャロルとジャガーは香港市街地コースで行われた開幕戦で無事にデビューを飾りました。香港に続き、マラケシュでも無事にゴールを飾り、次の目標はTop10入りをし、チームでの最初のポイントを稼ぐことです。

GP2で複数の勝利とBARとホンダのF1テスト後、キャロルの最も大きな成功は、チーム・アイルランドのA1GPタイトルを獲得した時でした。彼はインディカーとスポーツカーで競争し、現在、FIA世界耐久選手権でポルシェの宣伝もしています。

                                                     by M.Yasuda


Antonio Felix da Costa
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

誕生日 1991/08/31
出生地: ポルトガル リスボン
公式ウェブ: www.felixdacosta.com / フォーミュラE公式
チーム: アムリン アグリ

経歴:

アントニオ・フェリックス・ダ・コスタは次世代若手エリート選手として考えられています。

フェリックス・ダ・コスタは早くよりレースでのキャリアを2000年からカートにて積み、2006年彼はポルトガル・ジュニア・チャンピオンシップにて完全勝利し、世界的新星の一人として頭角を現しました。さらに、ワールドシリーズカート選手権にてランキングを駆け上がってゆき、またイタリアオープン選手権で3位を獲得したりなど、彼の能力を強調してゆきました。

2008年、フェリックス・ダ・コスタはシングル・シーター・レース、フォーミュラ・ルノー2.0にへステップアップして戦い、彼は2009年の北ヨーロッパ選手権で優勝しました。彼はそれからフォーミュラ3やルノー3.5世界選手権で勝負し続けました。2010年に、彼はインドポルトガルの最年少ドライバーとしてアブダビでフォース・インディアのドライバーテストに参加し、3位となり強い印象を与えました。

フェリックス・ダ・コスタは2012年シーズンが到来するとフォーミュラ3マカオグランプリにてアイルトン・セナやミハエル・シューマッハらによって占領された勝者リストに加わることとなりました。また、彼はGP3にて3位となったり、ルノー世界選手権で9レースのうち4レースから6レースまで全てで4位入賞を果たしました。同じ年にフェリックス・ダ・コスタはレッドブル・ジュニア・デベロップメント・プログラムに参加し、アブダビでレッドブルレーシングとして若手F1ドライバーとしてテストを行いました。

2013年に、マカオグランプリにて2位となり、王者防衛の機会を失いました。彼はそれからルノー世界選手権にて全て3位入賞し、またシルバーストン・ヤングドライバーズ・テストにてインフィニティ・レッドブル・レーシングからテストドライバーとして参戦しました。

2014年は、フェリックス・ダ・コスタはレッドブルのテストにて彼の役割を継続し、DTMにてBMWのワークスチームとアムリン・アグリのドライバーです。

by EVracing


Daniel Abt
ダニエル・アプト

誕生日 1992/12/13
出生地: ドイツ ケンプテン
公式ウェブ: www.danielabt.de / フォーミュラE公式
チーム: アプト・シェフラー・アウディ・スポーツ

経歴:

ダニエルの一家は、モータースポーツの世界では有名でした。彼の父、ハンスユンゲンは、アプトスポーツラインの主なオーナーであり、DTMシリーズに参加。それらと同様に、ドイツで唯一フォーミュラEチームに参加しました。彼のおじ、クリスチャン・アプトもレーシングドライバーでDTMにていくらかの功績を残しました。

ダニエルは6才で初めてカートへ行きました。そして彼は7つのレースにて初めて勝利しました。彼はすぐにフォーミュラ3ユーロシリーズへ上り詰め、彼は2011年に最年少ドライバーとしてデビューし、3度表彰台へのぼりました。1年後、21才の彼はロータスGPチームでGP3にて奮戦し、確実に2勝あげ、7回表彰台へ上りましたが、タイトルは逃しました。昨年は、彼はAPTでGP2を戦っていました。

                                                     by T.Nagamine


Esteban Gutierrez
エステバン・グティエレス

誕生日 1991/8/5
出生地: メキシコ モンテレイ
公式ウェブ: www.eg21.com / フォーミュラE公式
チーム: テチーター

経歴:

本当の競争力を持つラチータのチームに加わることに非常に感謝しています。 F1での4年間の素晴らしい経験の後、私は今、モータースポーツの未来に一歩前進しています。

                                                     by M.Yasuda


Felix Rosenqvist
フェリックス・ローゼンクビスト

誕生日 1991/11/7
出生地: スウェーデン ベーナムー
公式ウェブ: www.felixracing.se / フォーミュラE公式
チーム: マヒンドラ・レーシング

経歴:

マカオで勝利するだけでなく、サンクトペテルブルク、トロント、ポー、ノージング・ストリートサーキットで勝利したことを知っていましたか?

世界で最も難しいストリート・レースのマカオ・グランプリで立て続けに勝利を収めた、マヒンドラ・レーシングのフェリックスは、間違いなくストリート・レースの血が流れています。

スウェーデンは2015年に開催されたフォーミュラ3ユーロリーグのチャンピオンであり、ポールポジションを獲得し、2回目のフォーミュラEレースで表彰台を獲得してクラスを示しました。

豊富で多様な2016年のシーズンに、フェリックスは米国でインディ・ライツのレースをし、メルセデスのDTMに出演し、前例のないハットトリックでマカオに舞い戻ってきた。

彼はまた、米国でIMSAのスポーツカーを競い合い、ブランパンスプリント GTシリーズで優勝しました。

                                                     by M.Yasuda


Jean-Eric Vergne
ジャン・エリック・ベルニュ

誕生日 1990/04/25
出生地: フランス ポントワーズ
公式ウェブ: www.felixdacosta.com / フォーミュラE公式
チーム: テチーター

経歴:

ジャン・エリック・ベルニュはシングル・シーターのカテゴリーを通して早い段階でステップアップし、フォーミュラ・ワンで3シーズンの間競争をしました。
彼は4歳の時からユルメイユにある彼の父が所有するカートサーキットで練習し、フランス人である彼は非常に早くキャリアをスタートしました。
ベルニュは、ゴーカートレースにおいてたくさんの成功を収めました– 2001年のフランスジュニアチャンピオン、2005年のヨーロッパICAチャンピオンシップの第2位と世界カート選手権の第7位。
2007年に、ベルニュはレーシングカーの道へ進んで、6つの勝利で最初のシーズンでフランスのフォーミュラ・ルノー・キャンパス選手権のチャンピオンを獲得しました。
彼で2008年にフランスのフォーミュラ・・ルノー2.0ヨーロッパ選手権チャンピオンを獲得し、以降のシーズン、ヨーロッパフォーミュラ・ルノー2.0 ヨーロッパ選手権で4度の優勝をするものの2位に終わる。
ベルニュは2010年の英国F3チャンピオンシップにおいてチャンピオンを獲得。そして、それは初のフランス人であった。
F3と一緒に参戦していた3回のポディウムと1回の勝利を獲得したフォーミュラ・ルノー3.5のデビューをしました。
シーズンの終わりに、彼はフォーミュラ・ワンをデビューを将来のチーム・トロ・ロッソのテストで実現しました。
2011年に、彼はフォーミュラルノー3.5チャンピオンシップに対する全面的な攻撃を開始して、5勝を獲得しランキング2位に終わりました。

2012年に、ベルニュは彼のフォーミュラ・ワン・レースを最終的なランキング17位であった16ポイントを得点しているトロ・ロッソでデビューしました。
彼は、13ポイントを獲得し、2013年のチャンピオンシップ第15位で終える。
トロ・ロッソと一緒の彼の最後のフォーミュラ・ワン・シーズンで、ベルニュは22ポイントを記録しました – そしてそれはシンガポール・グランプリでF1キャリア最高位の6位も獲得 ― そして、ドライバーのチャンピオンシップの第13位で終えた。

by T.Kubo


Jerome d’Ambrosio
ジェローム・ダンブロシオ

誕生日 1985/12/27
出生地: ベルギー エテルビーク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン・レーシング

経歴:

ジェローム・ダンブロシオはベルギー・フォーミュラ・ルノーへ進む前に1997年にカートを始めました。彼はベルギーでフォーミュラAとジュニア・モナコ・カートカップを含む3つのカートタイトルを勝ち取りました。

彼は彼のフォーミュラルノーの初めの年にフォーミュラ1ドライバーティエリー・ブーツェンと共にチームを結成しました。ダンブロシオはフランス・フォーミュラ・ルノー選手権に参加するうちに2004年のF1ルノードライバー育成プログラムに加わることとなりました。

フォーミュラ・ルノー3.5とフォーミュラ・マスター・シリーズへ移行してから数年後、ダンブロシオはGP2へDAMSチームの元ステップアップしました。彼は一年後のフルシーズン参加の前にアジアシリーズにて小林可夢偉と戦いました。

彼のモナコでの確実な勝利の後に、バージンレーシングで金曜のテストセッションへ参加するテストドライバーとして、ダンブロシオはF1ルノーに残りました。

2011年に、彼はフォーミュラ1でのデビューをマレーシアにて飾りました。ダンブロシオは彼の初めのシーズンにて一貫性と14の勝利を示し、彼のチームメイトティモ・グロックよりも速かったです。

ダンブロシオはその後、フォータスF1と契約し2012年に1レースにて危険運転にて処罰を食らったロマン・グロージャンの替わりにイタリアGPへ参加しました。

by T.Nagamine


Jose Maria Lopez
ホセ・マリア・ロペス

誕生日 1983/4/26
出生地: アルゼンチン リオ・セルセロ
公式ウェブ: www.pechitolopez.com / フォーミュラE公式
チーム: DSヴァージン・レーシング

経歴:

最高の世界チャンピオンであるホセ・マリア・ロペスは、DSヴァージン・レーシングとチームを組んでフォーミュラに復帰します。

アルゼンチンでF1への道が閉ざされた時、彼は家に戻り、複数のチャンピオンだったTC2000ツーリングカー選手権でレースに復帰しました。

WTCCの一度限りの参加で輝かしい結果を残した後、彼は新しいプログラムのためにシエトロンにスカウトされました。それはとても喜ばしいことで、2006年にGP2でルイス・ハミルトン、ルーカス・ディ・グラッシ、アダム・キャロルなどとレースをして以来初めて「ペチート」をフォーミュラに復帰させました。

2002年にイタリアのフォーミュラ・ルノーのタイトルを獲得したロペスは、ルノー・ドライバー開発プログラムの一員となり、2004年にルノーとミナルディF1チームのテストを受けました。

                                                     by M.Yasuda


Loic Duval
ロイック・デュバル

誕生日 1982/12/06
出生地: フランス シャトールー
公式ウェブ: loicduval.com / フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン・レーシング

経歴:

ロイック・デュバルは、ゴーカートレースでレースキャリアを開始し、フランスフォーミュラキャンパスのタイトルを2002年に獲得した・次の年、ユーロF3シリーズへ行く前にフランスフォーミュラ・ルノーのチャンピオンに輝いた。
2つのポディウムを獲得し、ルノーF1チームのテストで、F1マシンを運転する初めてのチャンスが与えられた。

2005年にデュバルはユーロF3シリーズで6位でシーズンを終え、有名なマカオ・グランプリでポールポジションを獲得した。それから、フォーミュラニッポンとスーパーGTに活動の拠点を移した。

彼はフォーミュラニッポンの参戦を続け、A1GPシリーズでも参戦をして2つのスタートを切ることとなった。
2008年で年間2位になった後に中嶋レーシングで4勝を記録し2009年のフォーミュラニッポンのチャンピオンを獲得した。

デュバルはルマン24時間耐久レースとWECに参戦している。
彼の最も顕著な勝利は2013年のルマン24時間耐久レースでの勝利である。

                                                     by T.Kubo


Lucas di Grassi
ルーカス・ディ・グラッシ

誕生日 1984/08/11
出生地: ブラジル サンパウロ
公式ウェブ: www.lucasdigrassi.com / フォーミュラE公式
チーム: アプト・シェフラー・アウディ・スポーツ

経歴:

ルーカス・ディ・グラッシはバージンF1チームとともにF1で参戦する前に1994年にゴーカートレースを始めて、3年以内にチャンピオンシップ・レースですでに勝利しました。

ディ・グラッシは南米F3シリーズで2003年にレーシングカーデビューをし、デビューイヤーをランキング2位で終えました。以降のシーズンを英国F3シリーズに参戦し、年間ランキング8位の中で2つの勝利を獲得しました。2005年にはユーロF3シリーズへ参戦しランキング3位で終えただけでなく毎年恒例であるマカオGPで優勝を飾った。

2006年から4シーズンをGP2に参戦を開始してルノーF1チームのサードドライバーになっただけでなく、多数の勝利とポディウムを達成しました。2010年にはバージンレーシングでF1でのルーキーイヤーを過ごし、チャンピオンシップランキングでチームメイトであるティモ・グロックに勝ち、車に問題があったにも関わらずチームにとって初の完走をマレーシアGPの14位で記録しました。

その後、ディ・グラッシはピレリのテストドライバーとして働き、2013年に有名なル・マン24時間レースでのポディウム獲得を含むFIA世界耐久選手権(WEC)における成功を楽しみました。最近では、FIAフォーミュラEチャンピオンシップの開発ドライバーの1人を担当しました。

by T.Kubo


Maro Engel
マロ・エンゲル

誕生日 1985/8/27
出生地: ドイツ ミュンヘン
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリ

経歴:

キャロルは初めてのGP2レースの優勝者だったことは、ご存知ですか?

マロ・エンゲルはベンチュリのデビュー戦でポイントを獲得することで印象を残しました。

彼は、Formula BMWやFormula 3のようなジュニアシングルシーターのカテゴリーで従来の方法で始まった豊かで多様なキャリアを楽しみました。しかし、その後彼はDTM、オーストラリアのV8スーパーカー、そしてブランパンGTシリーズのヨーロッパに戻りました。

彼はメルセデスの工場GTプログラムの一員であり、2016年にドイツのマーキーのための権威あるニュルブルクリンク24を獲得しました。

                                                     by M.Yasuda


Mitch Evans
ミッチ・エバンス

誕生日 1994/6/24
出生地: ニュージーランド オークランド
公式ウェブ: www.mitchevans.com / フォーミュラE公式
チーム: パナソニック・ジャガー・レーシング

経歴:

ご存知ですか…わずか16歳で、エバンスは2011年にニュージーランドグランプリの最年少優勝者になりました。

技術的な問題でエバンのフォーミュラEのデビューはリタイヤに追い込まれましたが、彼は次のマラケシュで無事に完走をしました。

マーク・ウェバーのエヴァンズは2012年のGP3チャンピオンで、2013年にF1フィーダーシリーズを卒業してからGP2で定期的に優勝しています。

                                                     by M.Yasuda


Nelson Piquet
ネルソン・ピケ

誕生日 1985/07/25
出生地: ドイツ ハイデベルグ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ネクストEV NIO

経歴:

ネルソン・ピケ・ジュニアは、3度F1世界チャンピオンに輝いたネルソン・ピケの息子で、様々なモータースポーツカテゴリの経験をしていました。彼はカートを早くからブラジルで始め、シングルシーターへステップアップする前に3度国際大会で勝っていました。彼は2001年にフォーミュラ3シリーズの南アメリカ戦で勝ち、次のシーズンでタイトルを獲得しました。

ピケは2003年にヨーロッパへ行き、イギリスフォーミュラ3で3位で彼のルーキーシーズンを終え、2004年には6勝を挙げました。同じ年にウィリアムズにてF1のテストに参加しました。

2005年に彼はGP2開幕戦に出場し、同様にA1GPに参加、チームブラジルにて2勝を挙げました。次のシーズンに彼はGP2でルイス・ハミルトンの下の順位で、ルマン24時間を4勝、9位にて終えました。ピケはルノーF1チームの公式テストドライバー契約を2007年シーズンから開始し、8000km走りきりました。彼は2008年と2009年シーズンからルノーで走り、2008年のドイツGPにて1度表彰台へ登りました。

2010年にピケはアメリカへ行き、NASCARの下級レースを走り、2014年に彼のスプリントカップでデビューし、グローバル・ラリークロス・選手権に参加しました。

by T.Nagamine


Nick Heidfeld
ニック・ハイドフェルド

誕生日 1977/05/10
出生地: ドイツ メンヒェングラートバッハ
公式ウェブ: nickheidfeld.com / フォーミュラE公式
チーム: マヒンドラ・レーシング

経歴:

ハイドフェルドはシングルシーターに挑戦する前に8歳でカートを始め、ドイツのフォーミュラフォード1600で勝利した。また、デビューシーズンで出場した9つの内、8つのレースで勝利した。

その翌年ドイツの国際レースであるフォーミュラ・フォード1800大会で優勝した。

ジュニアカテゴリーでの成功の後、ハイドフェルドはドイツのF3とフォーミュラ3000で戦うまでに成長した。彼はプロスト・グランプリのチームメンバーとしてF1デビューする前に、先ほどの両大会で優勝争いをした。

彼にとって2度目のシーズン中は、キミ・ライコネンとパートナーシップを結びサウバーへ移転した。次のウィリアムズ・レーシング、BMWざうばー時代には表彰台入りの常連となり、合計259ポイントを獲得した。彼が最後に出場した2011年のF1レースでは、13回の表彰台入りを達成した。その後は世界耐久選手権とアメリカン・ル・マン・シリーズへと活躍の場を転向していった。

by  W.Yamashita


Nico Prost
ニコラ・プロスト

誕生日 1981/8/18
出生地: フランス サン=シャモン
公式ウェブ: www.nicolas-prost.com / フォーミュラE公式
チーム: ルノー e.ダムス

経歴:

ご存知ですか…プロストがアンドロストロフィー チャンピオンシップの初代優勝者だったこと。

フォーミュラEの創設に深くかかわった家族出身のニコ・プロストが、初勝利から3勝を挙げたことは驚きではありません。

4度のF1の世界チャンピオンの息子であり、ルノーe.damsの共同設立者、アラン・プロスト氏のニコ・プロスト氏は、肩に多くの期待を寄せています。プロストは当初は熱心なゴルファーだったので、比較的遅くまでモータースポーツでの競争をしなかった。プロストは、コロンビア大学の学生としてゴルフトーナメントに勝利したにもかかわらず、レースに興味を持ち始め、フォーミュラキャンパスに加わりました。

2006年、彼はレーシング・エンジニアリングと一緒にスペインのF3に移りました。翌シーズン、プロストはキャンポス・レーシングとF3に残り、3位でシーズンを終えました。彼はまた、A1GPのチームフランスのルーキードライバーとしても出場し、ル・マン24時間での初出場を獲得しました。

2008年、彼はEuroseries3000チャンピオンシップのレッドブルレーシングに参加し、タイトル獲得のために1勝と7つの表彰台を獲得しました。新たな挑戦の準備ができたプロストは、ル・マン24時間のスピーディー・レーシングチーム サバとLMP1カテゴリに入りました。チームとの3年後、彼はレースの第80回版のためにレベリオン・レーシングに参加しました。

プロストはまた、F1での経験を持ち、ロータスF1チームのテストドライバーとして任命され、多くのテストセッションや直線テストに参加しました。

                                                     by M.Yasuda


Oliver Turvey
オリバー・ターベイ

誕生日 1987/01/04
出生地: イギリス ペンリス
公式ウェブ: www.oliverturvey.com / フォーミュラE公式
チーム: ネクストEV NIO

経歴:

イギリスのオリバー・ターベイはレーシング・ステップス基金のバックアップによりジュニアクラスのカートのキャリアを順調に進んだ。2006年には一流の登竜門として知られるマクラーレン・オートスポーツBRDC賞を獲得し、2009年のイギリスのチームのテストドライバーとしてF1デビューを果たした。現在はマクラーレンのテストドライバーとして選手名簿に名を残している。

ターベイは2008年にハイメ・アルグエルスアリに次ぐ選手としてイギリスのF3モナコ大会にて勝利を飾り、フォーミュラ・ルノー3.5出場へと導いた。彼は1度GP2アジアシリーズにて優勝したが、その後は結果が出ず、2012年にマクラーレンのGTレーシングチームへ移籍した。最近はスーパーGTやLMP2クラスの選手権などに出場し、2014年のル・マン24時間レースにて優勝している。

by W.Yamashita


Robin Frijns
ロビン・フラインス

誕生日 1991/07/08
出生地: オランダ マーストリヒト
公式ウェブ: www.robinfrijns.com / フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ フォーミュラE チーム

経歴:

他のライバルたちと同様に、ロビン・フラインズは若いころから、フォーミュラBMWヨーロッパやフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップをはじめ、2012年度のルノー3.5によるワールドシリーズなど有名なカートレースのジュニア部門でタイトルを獲得してきた。

オランダのドライバーとGP2の勝者は、アブダビで行われたザウバーとレッドブル・レーシングの若手向けのF1ドライバー育成のテストにて彼の才能に気付いた。

2013年、フラインスはザウバーの公式テストドライバーとなり、GP2では優勝1回と表彰台入りを2回を達成した。その後2014年にはケータハムのF1テストドライバーとなった。

最近はブランパンGTシリーズでベルギーのWレーシングでローレンス・ヴァントーとともにレースに出場している。

by W.Yamashita


Sam Bird
サム・バード

誕生日 1987/01/09
出生地: イギリス ローハンプトン
公式ウェブ: www.sambird.com / フォーミュラE公式
チーム: DSヴァージン・レーシング

経歴:

サム・バードは2002年にゴーカートレースデビューをしました。そして、ICAガルーダ・カップとフェデレーションカップを含むヨーロッパで活躍しました。

ゴーカートレースで活躍後、カーリンモータースポーツでフォーミュラBMWのシートを得るために競い、バードはスカラシップを獲得しました。
彼は3勝でシーズンを終え、最高のルーキー・ドライバーの1人となりました。

バードは2年目のシーズンの間もフォーミュラBMWに残りその年、チャンピオンシップの2位としてシーズンを終えました。
彼の名前は、マクラーレンオートスポーツBRDCヤングドライバー年間アワードのリスト上に名前を連ねていた。

フォーミュラルノーとイギリスF3に参戦中、直線トラックテストでウィリアムズF1で仕事をした。
結局、彼はアブダビでヤングドライバー・テストでメルセデスで仕事をした。

by T.Kubo


Sébastien Buemi
セバスチャン・ブエミ

誕生日 1988/10/31
出生地: スイス アイグル
公式ウェブ: http://www.buemi.com/fr/  フォーミュラE公式
チーム: ルノー e.ダムス

経歴:

セバスチャン・ブエミが初めてF1のアローズの車両を運転したのは15歳の時だった。それから10年、今やレッドブルのとっておきのテストドライバーである。

このカートのテストドライバーとして活躍した後、ブエミはドイツフォーミュラ・BMWへ転向しデビューシーズンで3位入賞を果たした。これはもう1人の有望な選手だったセバスチャン・ベッテルに次ぐ結果である。合計ポイントはブエミが多く獲得したため、オープンホイール・クラスの成長を見る好機となった。

2006年、彼はフォーミュラ3・ユーロシリーズに初出場し、ランキング12位だった。その翌年にはGP2にデビューした。2009年には彼の活躍がトロ・ロッソの目に留まり、1995年以来初となるフォーミュラ1でのスイス人ドライバーとして契約を交わした。

ブエミは2011年までトロ・ロッソでドライバーを続けたが、最近はレッドブルのテストドライバーに戻っている。同時にFIA世界耐久選手権ル・マン24時間レースでも活躍した。

by  W.Yamashita


Stéphane Sarrazin
ステファン・サラザン

誕生日 1975/02/11
出生地: フランス バルジャック
公式ウェブ: www.stephane-sarrazin.com/ フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリ

経歴:

ステファン・サラザンはモータースポーツの各方面で競争を行っており、多才で有名なドライバーです。

サラザンは情熱的なモータースポーツファンである彼の父によりカートに乗せられました。彼の若い頃、彼は2つのゴーカートレースのタイトルをつかみとり、1994年のフランスのフォーミュラ・ルノー・チャンピオンに進出しました。

彼は、フォーミュラ3を終える前にフォーミュラ3000でアポマトックスチームにてタイトルを獲得しました。サラザンは、1999年のブラジルGPにて、彼の子供の頃の夢を叶えました。彼は負傷したミナルディのルカ・バドエルの代わりに参戦しましたが、レースの途中ででリタイアしてしましました。

にもかかわらず、プロストGPとトヨタF1チームのテストドライバーに選ばれ、サラザンの努力は2004年に報われました。彼はWRCにスバルから参戦し、初年度から毎回トップ10に入っていました。

耐久レースに移動してからは、サラザンはLMP1クラスに参戦し、名声のあるプジョーからル・マン24時間耐久レースに出場しました。はトヨタからWECに参戦するまでに、2度表彰台に上りました。

by T.Nagamine

LINEで送る
Pocket