2014年度参戦ドライバー最新版

2014年度参戦ドライバー最新版

LINEで送る
Pocket

現在参戦中のドライバー

Antonio Felix da Costa

Bruno Senna

Charles Pic

Daniel Abt

Jaime Alguersuari

Jarno Trulli

Jean-Eric Vergne

Jerome d’Ambrosio

Karun Chandhok

Loic Duval

Lucas di Grassi

Nelson Piquet

Nick Heidfeld

Nicolas Prost

Salvador Duran

Sam Bird

Scott Speed

Sébastien Buemi

Stéphane Sarrazin

Vitantonio Liuzzi


過去参戦のドライバー

Katherine Legge

Marco Andretti

Matthew Brabham

Takuma Sato

 


 

Antonio Felix da Costa
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

誕生日 1991/08/31
出生地: ポルトガル リスボン
公式ウェブ: www.felixdacosta.com / フォーミュラE公式
チーム: アムリン アグリ

経歴:

アントニオ・フェリックス・ダ・コスタは次世代若手エリート選手として考えられています。

フェリックス・ダ・コスタは早くよりレースでのキャリアを2000年からカートにて積み、2006年彼はポルトガル・ジュニア・チャンピオンシップにて完全勝利し、世界的新星の一人として頭角を現しました。さらに、ワールドシリーズカート選手権にてランキングを駆け上がってゆき、またイタリアオープン選手権で3位を獲得したりなど、彼の能力を強調してゆきました。

2008年、フェリックス・ダ・コスタはシングル・シーター・レース、フォーミュラ・ルノー2.0にへステップアップして戦い、彼は2009年の北ヨーロッパ選手権で優勝しました。彼はそれからフォーミュラ3やルノー3.5世界選手権で勝負し続けました。2010年に、彼はインドポルトガルの最年少ドライバーとしてアブダビでフォース・インディアのドライバーテストに参加し、3位となり強い印象を与えました。

フェリックス・ダ・コスタは2012年シーズンが到来するとフォーミュラ3マカオグランプリにてアイルトン・セナやミハエル・シューマッハらによって占領された勝者リストに加わることとなりました。また、彼はGP3にて3位となったり、ルノー世界選手権で9レースのうち4レースから6レースまで全てで4位入賞を果たしました。同じ年にフェリックス・ダ・コスタはレッドブル・ジュニア・デベロップメント・プログラムに参加し、アブダビでレッドブルレーシングとして若手F1ドライバーとしてテストを行いました。

2013年に、マカオグランプリにて2位となり、王者防衛の機会を失いました。彼はそれからルノー世界選手権にて全て3位入賞し、またシルバーストン・ヤングドライバーズ・テストにてインフィニティ・レッドブル・レーシングからテストドライバーとして参戦しました。

2014年は、フェリックス・ダ・コスタはレッドブルのテストにて彼の役割を継続し、DTMにてBMWのワークスチームとアムリン・アグリのドライバーです。

by EVracing


Bruno Senna
ブルーノ・セナ

誕生日 1983/10/15
出生地: ブラジル サンパウロ
公式ウェブ: brunosenna.com.br/ フォーミュラE公式
チーム: マヒンドラ・レーシング

経歴:

アイルトン・セナのおい、ブルーノ・セナは、才能を若いうちから見せながらも、彼の叔父に反対されプロモータースポーツへの道への進出は遅く、2004年からフォーミュラBMWイギリス選手権にてデビューしました。それ以来、彼はフォーミュラ1まで苦労して進み、自身で印象的な経歴を切り開きました。

2005年、ブルーノはイギリスF3で競争し、翌シーズン、3位にて勝ち上がり、2007年にはアルデンインターナショナルにてGP2へ進みました。彼は4位にてデビュー戦を終えて、翌年のスペインのレースにて初勝利をおさめました。彼はiSportインターナショナルに2008年に参加し、2勝・6の表彰台と3つのポールポジションを獲得しました。

2008年、ブルーのは彼の初めてのフォーミュラ1のテストをホンダにて行い、簡単にフォーミュラカーを操り、そして新生イスパニア・レーシング・チームとともに2010年まで走行しました。ブルーノは2011年に公式予備ドライバーとして、ロータス・ルノー・GPにて、ニック・ハイデフェルトに代わるまでの間最初のレースで17位を獲得しました。翌年からFIA・ワールドエンデュランス・選手権へ、アストンマーチンとして出場するまでの間、彼はウィリアムズにいました。

                                                     by T.Nagamine

 


Charles Pic
シャルル・ピック

誕生日 1990/02/15
出生地: フランス モンテリマール
公式ウェブ: charlespic.com / フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ

経歴:

シャルルピックは比較的遅くからモータースポーツを始めましたが、彼は楽しみながら成長しランキングをあげていきました。カートで経験を積み重ねたのち、ピックは2006年にフォーミュラ・キャンパス・シリーズにて3位でデビューしました。次のシーズンより、ピックはフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップへ移り、そこで1勝し6回表彰台へのぼり、トータルで3位という成績を残しました。

2008年に、ピックはフォーミュラ・ルノー3.5にテック1レーシングとして移行し、彼は2勝をあげ、6位でシーズンを終えました。その年、ピックはいくらかのGP2テストセッションに携わり、2009年にはF1フィーダーシリーズに進みました。彼はその年GP2アジアシリーズを勝ち取り、同じようにフォーミュラルノー3.5にて3位を得ました。2010年にピックは彼のGP2での最初の勝利を勝ち取りチャンピオンシップでは10位でした。

彼は2011年にGP2を4位で終え、マルシャF1チームでテストを行いました。ピックはマルシャでのレースを2012年に21位で終え、彼のシーズンデビューとなりました。彼は2013年にケータハムF1チームに移籍し、20位でした。2014年に、ピックはロータスF1チームのオフィシャルテストドライバーとなりました。

                                                     by T.Nagamine


Daniel Abt
ダニエル・アプト

誕生日 1992/12/13
出生地: ドイツ ケンプテン
公式ウェブ: www.danielabt.de / フォーミュラE公式
チーム: アウディスポーツ アプト

経歴:

ダニエルの一家は、モータースポーツの世界では有名でした。彼の父、ハンスユンゲンは、アプトスポーツラインの主なオーナーであり、DTMシリーズに参加。それらと同様に、ドイツで唯一フォーミュラEチームに参加しました。彼のおじ、クリスチャン・アプトもレーシングドライバーでDTMにていくらかの功績を残しました。

ダニエルは6才で初めてカートへ行きました。そして彼は7つのレースにて初めて勝利しました。彼はすぐにフォーミュラ3ユーロシリーズへ上り詰め、彼は2011年に最年少ドライバーとしてデビューし、3度表彰台へのぼりました。1年後、21才の彼はロータスGPチームでGP3にて奮戦し、確実に2勝あげ、7回表彰台へ上りましたが、タイトルは逃しました。昨年は、彼はAPTでGP2を戦っていました。

                                                     by T.Nagamine


Jaime Alguersuari
ハイメ・アルグエルスアリ

誕生日 1990/02/23
出生地: スペイン バルセロナ
公式ウェブ: www.jalguersuari.com
チーム: ヴァージン レーシング

ハイメ・アルグエルスアリは、出身地であるスペインで8才からゴーカートレースを開始した.そして,彼がF1での史上最年少ドライバー記録(現在の最年少記録はマックス・フェルスタッペン)を樹立して,同じ国の出身であるフェルナンド・アロンソの後を追った形となった.
フォーミュラ・ジュニアシリーズとフォーミュラ・ルノーで成功した後,スペイン人である彼はイギリスフォーミュラ3に2008年,活動の場所を移した.そして,彼のデビューイヤーで5勝を記録して最年少記録でチャンピオンを獲得し,レッドブルのF1チームでテストのチャンスを獲得した.
次の年、彼はフォーミュラ・ルノー3.5シリーズに参戦していたが、当時トロ・ロッソのドライバーであったセバスチャン・ブルデーと交代する形でF1デビューを果たした.彼はデビューシーズンにトップ10フィニッシュを2回果たすなど,期待通りの結果をだし,ピレリのタイヤテストドライバーになる前のシーズン,2011年もトロ・ロッソのドライバーとして活躍した.

by  T.Kubo


Jarno Trulli
ヤルノ・トゥルーリ

誕生日 1974/07/13
出生地: イタリア ぺスカラ
公式ウェブ: www.jarnotrulli.com / フォーミュラE公式
チーム: トゥルーリ

経歴:

ヤルノ・トゥルーリは、スポーツ史の中で経験豊かなF1ドライバーのうちの1人です。
彼は256のグランプリに参加し、このリストに5番目に位置します。

トゥルーリはゴーカートレースを小さい頃から始めて、ヨーロッパチャンピオンシップ、ノースアメリカンチャンピオンシップとイタリアチャンピオンシップの3つを含む多数のタイトルを獲得し続けました。

彼は、すぐにシングル・シーターへ進んで、ベネトン・ジュニア・チームでドイツF3タイトルを獲得し即座に印象を放ちました。

1997年にシーズンに変わる前にプロストチームでオリヴィエ・パニスと交代する時、トゥルーリはMinardiでF1を初めてドライブしました。

プロストとジョーダンでシーズンを過ごした後、トゥルーリは彼の唯一のF1での勝利をモンテカルロで獲得しました。

トヨタで何年か過ごした後、彼がフォーミュラワンでの経歴を終えるロータスレーシングへ、移りました。


by T.Kubo


Jean-Eric Vergne
ジャン・エリック・ベルニュ

誕生日 1990/04/25
出生地: フランス ポントワーズ
公式ウェブ: www.felixdacosta.com / フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ

経歴:

ジャン・エリック・ベルニュはシングル・シーターのカテゴリーを通して早い段階でステップアップし、フォーミュラ・ワンで3シーズンの間競争をしました。
彼は4歳の時からユルメイユにある彼の父が所有するカートサーキットで練習し、フランス人である彼は非常に早くキャリアをスタートしました。
ベルニュは、ゴーカートレースにおいてたくさんの成功を収めました– 2001年のフランスジュニアチャンピオン、2005年のヨーロッパICAチャンピオンシップの第2位と世界カート選手権の第7位。
2007年に、ベルニュはレーシングカーの道へ進んで、6つの勝利で最初のシーズンでフランスのフォーミュラ・ルノー・キャンパス選手権のチャンピオンを獲得しました。
彼で2008年にフランスのフォーミュラ・・ルノー2.0ヨーロッパ選手権チャンピオンを獲得し、以降のシーズン、ヨーロッパフォーミュラ・ルノー2.0 ヨーロッパ選手権で4度の優勝をするものの2位に終わる。
ベルニュは2010年の英国F3チャンピオンシップにおいてチャンピオンを獲得。そして、それは初のフランス人であった。
F3と一緒に参戦していた3回のポディウムと1回の勝利を獲得したフォーミュラ・ルノー3.5のデビューをしました。
シーズンの終わりに、彼はフォーミュラ・ワンをデビューを将来のチーム・トロ・ロッソのテストで実現しました。
2011年に、彼はフォーミュラルノー3.5チャンピオンシップに対する全面的な攻撃を開始して、5勝を獲得しランキング2位に終わりました。

2012年に、ベルニュは彼のフォーミュラ・ワン・レースを最終的なランキング17位であった16ポイントを得点しているトロ・ロッソでデビューしました。
彼は、13ポイントを獲得し、2013年のチャンピオンシップ第15位で終える。
トロ・ロッソと一緒の彼の最後のフォーミュラ・ワン・シーズンで、ベルニュは22ポイントを記録しました – そしてそれはシンガポール・グランプリでF1キャリア最高位の6位も獲得 ― そして、ドライバーのチャンピオンシップの第13位で終えた。

by T.Kubo


Jerome d’Ambrosio
ジェローム・ダンブロシオ

誕生日 1985/12/27
出生地: ベルギー エテルビーク
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン・レーシング

経歴:

ジェローム・ダンブロシオはベルギー・フォーミュラ・ルノーへ進む前に1997年にカートを始めました。彼はベルギーでフォーミュラAとジュニア・モナコ・カートカップを含む3つのカートタイトルを勝ち取りました。

彼は彼のフォーミュラルノーの初めの年にフォーミュラ1ドライバーティエリー・ブーツェンと共にチームを結成しました。ダンブロシオはフランス・フォーミュラ・ルノー選手権に参加するうちに2004年のF1ルノードライバー育成プログラムに加わることとなりました。

フォーミュラ・ルノー3.5とフォーミュラ・マスター・シリーズへ移行してから数年後、ダンブロシオはGP2へDAMSチームの元ステップアップしました。彼は一年後のフルシーズン参加の前にアジアシリーズにて小林可夢偉と戦いました。

彼のモナコでの確実な勝利の後に、バージンレーシングで金曜のテストセッションへ参加するテストドライバーとして、ダンブロシオはF1ルノーに残りました。

2011年に、彼はフォーミュラ1でのデビューをマレーシアにて飾りました。ダンブロシオは彼の初めのシーズンにて一貫性と14の勝利を示し、彼のチームメイトティモ・グロックよりも速かったです。

ダンブロシオはその後、フォータスF1と契約し2012年に1レースにて危険運転にて処罰を食らったロマン・グロージャンの替わりにイタリアGPへ参加しました。

by T.Nagamine


Karun Chandhok
カルン・チャンドック

誕生日 1984/01/19
出生地: インド チェンナイ
チーム: マヒンドラ・レーシング

経歴:

カルン・チャンドックは2人しかいないインド人F1ドライバーの1人です。GP2ではたくさんのレースを勝ち、表彰台に上ったカルンは、2010年と2011年のロータスから参戦したレースの前にレッドブルレーシングでテストドライバーを2007年と2008年にしていました。2年が過ぎ、彼はスポーツカーに参加し、2012年のル・マンで6位、2013年のLMP2にて6位を勝ち取りました。カルンは今年、FIAのGTシリーズにも参戦しています。

カルンはモーターレーシングの家に生まれ、彼の父と祖父・祖母はレースになれていました。2000年にインド・ナショナル・チャンピオンシップを勝ってデビューした後、彼はヨーロッパにフォーミュラ3へ参戦する前に、2001年のアジア・チャンピオンシップにて勝利しました。カルンはアジアへ戻り、2006年のアジアンルノーV6シリーズにて勝利し、GP2とフォーミュラ1へ進んでいきました。

車の外では、カルンはモータースポーツのための解説者と放送アナリストとして自分自身の名を確立しました。 彼は、イギリスでスカイ・スポーツF1でチームに加わる前、何年にもわたりイギリス・アジアならびにBBCラジオ5 Liveでスター・スポーツでフォーミュラ・ワンに乗った主な解説者として出演していました。

インドで恵まれない子供たちの教育の資金を集めるために、彼も毎年、夏にはカルンズ・カート・カーニバルと、KC500という南インドでの500キロメートルサイクリングイベントの2つの主要なチャリティイベントを行っています。

by T.Nagamine


Katherine Legge
キャサリン・レッグ

誕生日 1980/12/07
出生地: イギリス ギルフォード
チーム: アムリン アグリ

経歴:

キャサリン・レッグはありとあらゆる女性のなかで、彼女のレースの経歴を通してはじめて名前が挙げられる女性ドライバーで、アムリン・アグリにおいて、FIAフォーミュラEチャンピオンシップにて戦い続けます。

イギリス人レーサーのキャサリン・レッグは彼女のモータースポーツの腕前を早期に披露しました。2000年のイギリスフォーミュラ・フォード選手権にて女性ドライバーが初めてポールポジションを獲得しデビューしました。

そこから彼女はジュニアシングルシーターランクにて、イギリス・フォーミュラ・ルノー(2001、2002)やフォーミュラ3(2003)と進んでゆきました。2005年にレッグはトヨタ・アトランティック・チャンピオンシップにてポーレスター・モーター・レーシングにてロングビーチでの開幕線を勝利、また、3勝、5回の表彰台にてトータルで3位となりました。その年のあと、彼女はミナルディにて2002年のサラ・フィッシャー以来初のフォーミュラ1カーテストドライバーとなり歴史を残しました。

翌年、彼女は2006年PKVレーシングシーズンへ、そのシリーズの初めての女性選手として歴史に名を残しました。彼女はDTMシリーズへ移行し、Futurecom TMEやアプト・スポーツラインでのレースをエンジョイしました。

2012年、彼女はアメリカへドラゴンレーシングでの彼女のインディーカーレースデビューの為に渡り、アメリカにて2シーズン残りましたが、今回アメリカ・ル・マン・シリーズにデルタウィング・レーシング・カーズとして参戦することとなりました。

by T.Nagamine


Loic Duval
ロイック・デュバル

誕生日 1982/12/06
出生地: フランス シャトールー
公式ウェブ: www.loicduval.com// フォーミュラE公式
チーム: ドラゴン・レーシング

経歴:

ロイック・デュバルは、ゴーカートレースでレースキャリアを開始し,フランスフォーミュラキャンパスのタイトルを2002年に獲得した.
次の年,ユーロF3シリーズへ行く前にフランスフォーミュラ・ルノーのチャンピオンに輝いた.
2つのポディウムを獲得し,ルノーF1チームのテストで,F1マシンを運転する初めてのチャンスが与えられた.

2005年にデュバルはユーロF3シリーズで6位でシーズンを終え,有名なマカオ・グランプリでポールポジションを獲得した.
それから,フォーミュラニッポンとスーパーGTに活動の拠点を移した.

彼はフォーミュラニッポンの参戦を続け,A1GPシリーズでも参戦をして2つのスタートを切ることとなった.
2008年で年間2位になった後に中嶋レーシングで4勝を記録し2009年のフォーミュラニッポンのチャンピオンを獲得した.

デュバルはルマン24時間耐久レースとWECに参戦している.
彼の最も顕著な勝利は2013年のルマン24時間耐久レースでの勝利である.

                                                     by T.Kubo

 


Lucas di Grassi
ルーカス・ディ・グラッシ

誕生日 1984/08/11
出生地: ブラジル サンパウロ
公式ウェブ: www.lucasdigrassi.com/ フォーミュラE公式
チーム: アウディスポーツ アプト

経歴:

ルーカス・ディ・グラッシはバージンF1チームとともにF1で参戦する前に1994年にゴーカートレースを始めて、3年以内にチャンピオンシップ・レースですでに勝利しました。

ディ・グラッシは南米F3シリーズで2003年にレーシングカーデビューをし、デビューイヤーをランキング2位で終えました。以降のシーズンを英国F3シリーズに参戦し、年間ランキング8位の中で2つの勝利を獲得しました。2005年にはユーロF3シリーズへ参戦しランキング3位で終えただけでなく毎年恒例であるマカオGPで優勝を飾った。

2006年から4シーズンをGP2に参戦を開始してルノーF1チームのサードドライバーになっただけでなく、多数の勝利とポディウムを達成しました。2010年にはバージンレーシングでF1でのルーキーイヤーを過ごし、チャンピオンシップランキングでチームメイトであるティモ・グロックに勝ち、車に問題があったにも関わらずチームにとって初の完走をマレーシアGPの14位で記録しました。

その後、ディ・グラッシはピレリのテストドライバーとして働き、2013年に有名なル・マン24時間レースでのポディウム獲得を含むFIA世界耐久選手権(WEC)における成功を楽しみました。最近では、FIAフォーミュラEチャンピオンシップの開発ドライバーの1人を担当しました。

by T.Kubo


Marco Andretti
マルコ・アンドレッティ

誕生日 1987/03/13
出生地: アメリカ ペンシルヴァニア州ナザレス
公式ウェブ: www.felixdacosta.com / フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ

経歴:

マルコ・アンドレッティはインディーカー界の偉人マイケル・アンドレッティを父に持ち、レース界の伝説マリオ・アンドレッティを祖父に持つサラブレッドである。彼は10歳でカートを始め、様々なジュニアフォーミュラ大会やファイアストン・インディー・ライツで3シーズンに渡り戦い、2006年のインディーカーシリーズでルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得するという成功を収めた。

カーレース一家に生まれたため、彼の父や祖父の軌跡をたどっているのも当然である。それにしてもカートでレベルを上げ、カーレースにおいても初めて出場したスキップ・バーバー・フォーミュラ・ドッジ・シリーズでの勝利を始め、わたしたちに感銘を与え続けた。

マルコは2006年までにインディーカーシリーズで2度の勝利、4度のポール・ポジション獲得、そして65回以上もの上位入賞を達成した。また、2008年にはミルウォーキーで最年少(21歳79日)のポール・ポジション獲得者となった。

ペンシルヴァニア州ベツレヘム・タウンシップのノートルダム高校出身で、熱心なスポーツ参加者であり旅人でもある。

by  W.Yamashita


Matthew Brabham
マシュー・ブラバム

誕生日 1994/02/25
出生地: アメリカ フロリダ州ボカラトン
公式ウェブ: matthewbrabham.com / フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ

経歴:

マシュー・ブラバムは、プロ・マツダに参戦している3回のF1ワールドチャンピオンになったジャック・ブラバム卿の孫です。
彼のGTドライバーである父、ジェフとF1をドライブしている叔父のゲイリーとデイビッドのようにマシューはブラバムレース一家の第三代です。
マシューは7才で彼のモータースポーツキャリアを開始しました。そして、シングル・シーターへ進む前にオーストラリアで『小さい』クラスに参戦しました。
2010年に、オーストラリアのフォーミュラ・フォード・チャンピオンシップで、マシューは戦いました。
2012年に、マシューは米国内で活動し、インディカーキャリア上のUSF2000シリーズに参戦しました。
彼はルーキーシーズンに4勝とタイトルを勝ちとって、次の年、アンドレッティオートスポーツでプロ・マツダシリーズへ昇格しました。
13回の勝利(1シーズンの間の記録連続7勝を含む)で彼がプロ・マツダシリーズを勝利し、マシューは2013年のタイトルを獲得しました。
彼がチャンピオンシップで第四位で終わったインディーLightsへ上がって、1回の勝利を獲得して、マシューはアンドレッティオートスポーツのために運転し続けることを決めました。

by T.Kubo


Nelson Piquet
ネルソン・ピケ

誕生日 1985/07/25
出生地: ドイツ ハイデベルグ
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: チャイナ・レーシング

経歴:

ネルソン・ピケ・ジュニアは、3度F1世界チャンピオンに輝いたネルソン・ピケの息子で、様々なモータースポーツカテゴリの経験をしていました。彼はカートを早くからブラジルで始め、シングルシーターへステップアップする前に3度国際大会で勝っていました。彼は2001年にフォーミュラ3シリーズの南アメリカ戦で勝ち、次のシーズンでタイトルを獲得しました。

ピケは2003年にヨーロッパへ行き、イギリスフォーミュラ3で3位で彼のルーキーシーズンを終え、2004年には6勝を挙げました。同じ年にウィリアムズにてF1のテストに参加しました。

2005年に彼はGP2開幕戦に出場し、同様にA1GPに参加、チームブラジルにて2勝を挙げました。次のシーズンに彼はGP2でルイス・ハミルトンの下の順位で、ルマン24時間を4勝、9位にて終えました。ピケはルノーF1チームの公式テストドライバー契約を2007年シーズンから開始し、8000km走りきりました。彼は2008年と2009年シーズンからルノーで走り、2008年のドイツGPにて1度表彰台へ登りました。

2010年にピケはアメリカへ行き、NASCARの下級レースを走り、2014年に彼のスプリントカップでデビューし、グローバル・ラリークロス・選手権に参加しました。

 

by T.Nagamine


Nick Heidfeld
ニック・ハイドフェルド

誕生日 1977/05/10
出生地: ドイツ メンヒェングラートバッハ
公式ウェブ: nickheidfeld.com/  フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリ

経歴:

ハイドフェルドはシングルシーターに挑戦する前に8歳でカートを始め、ドイツのフォーミュラフォード1600で勝利した。また、デビューシーズンで出場した9つの内、8つのレースで勝利した。

その翌年ドイツの国際レースであるフォーミュラ・フォード1800大会で優勝した。

ジュニアカテゴリーでの成功の後、ハイドフェルドはドイツのF3とフォーミュラ3000で戦うまでに成長した。彼はプロスト・グランプリのチームメンバーとしてF1デビューする前に、先ほどの両大会で優勝争いをした。

彼にとって2度目のシーズン中は、キミ・ライコネンとパートナーシップを結びサウバーへ移転した。次のウィリアムズ・レーシング、BMWざうばー時代には表彰台入りの常連となり、合計259ポイントを獲得した。彼が最後に出場した2011年のF1レースでは、13回の表彰台入りを達成した。その後は世界耐久選手権とアメリカン・ル・マン・シリーズへと活躍の場を転向していった。

by  W.Yamashita


Nicolas Prost
ニコラ・プロスト

誕生日 1981/08/18
出生地: フェシー スイス
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: e.ダムス ルノー

経歴:

フォーミュラ14回勝利した男の息子、ニコラス・プロストの肩には大きな期待がかかっています。彼はそれまで彼は熱心でゴルファーだったので、モータースポーツで競争しはじめたのは比較的遅い時期からでした。

それのも関わらず、かれはコロンビア大学でのトーナメントに勝利し、プロストはレースに興味を持ち、フォーミュラ・キャンパスへ入学しました。2006年に、彼はレーシング・エンジニアリングとともにスペインのフォーミュラ3へ移りました。

次のシーズンにプロストは、フォーミュラ3でキャンポス・レーシングに残り、ついに3位にてそのシーズンを終えました。彼はA1GPにてチームフランスのルーキードライバーとしてル・マン24時間と同様に競争しました。

耐久レースを経験すると、プロストは LMP1シリーズを卒業しました。しかし、彼は確実に彼のデビューシーズンにフォーミュラ3000にて上達を続けました。

プロストはロータスF1チームのテストドライバーに指名される前は、リベリオン・レーシングに3年間LMP1シリーズにいました。

by T.Nagamine


Salvador Duran
サルバドル・デュラン

誕生日 1985/05/06
出生地: メキシコシティ
チーム: アムリン アグリ

経歴:

サルバドル・デュランは、シングルシーターにて大西洋と以前高名なデイトナ24時間レースにて勝利した、両側で成功を楽しんだメキシコのドライバーです。

短いカートの経験を経た後、デュランはフォーミュラ・ドッジ・ナショナル・シリーズに2003年に参戦し、2勝を確保し、チャンピオンシップで2位になりました。2004年に、彼はフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップに参戦し、イタリアン・フォーミュラ・ルノー2.0にて彼はシーズンを115ポイント獲得、3位にて終えました。

2005年にデュランはメキシコからモータースポーツのワールド・カップことA1GPの代表に選ばれ、そこで彼はアメリカ戦にて勝利を収め、ラグナセカにて3位で終了しました。デュランはそのシーズンとあわせて英国フォーミュラ3タイトルにて押しすすめる事に成功しました。彼はそのチャンピオンシップを9勝と300ポイントを獲得し優勝しました。

約束したが勝利を得ることができなかった、期待はずれの2006年の後、デュランはフォーミュラ・ルノー3.5へ移動し、平行してA1GPを続ける事としました。また、2007年は彼がデイトナ24時間とユアン・パブロ・モントヤとスコット・プルートからチップ・ガナッシー・レーシングまで、現在までの彼の経歴で最も注目を集める勝利を得た年でした。

2008年はフォーミュラ・ルノー3.5にてチャンピオンシップを9位で終えて、モナコ戦にて挑戦を行い勝利を楽しみました。ちょうど2009年と2010年のフォーミュラ・ルノー3.5の後、2012年まで競争したネスカーメキシコに戻ってきました。

by T.Nagamine


Sam Bird
サム・バード

誕生日 1987/01/09
出生地: イギリス ローハンプトン
公式ウェブ: www.sambird.com/ フォーミュラE公式
チーム: ヴァージンレーシング

経歴:

サム・バードは2002年にゴーカートレースデビューをしました。そして、ICAガルーダ・カップとフェデレーションカップを含むヨーロッパで活躍しました。

ゴーカートレースで活躍後、カーリンモータースポーツでフォーミュラBMWのシートを得るために競い、バードはスカラシップを獲得しました。
彼は3勝でシーズンを終え、最高のルーキー・ドライバーの1人となりました。

バードは2年目のシーズンの間もフォーミュラBMWに残りその年、チャンピオンシップの2位としてシーズンを終えました。
彼の名前は、マクラーレンオートスポーツBRDCヤングドライバー年間アワードのリスト上に名前を連ねていた。

フォーミュラルノーとイギリスF3に参戦中、直線トラックテストでウィリアムズF1で仕事をした。
結局、彼はアブダビでヤングドライバー・テストでメルセデスで仕事をした。

by T.Kubo


Scott Speed
スコット・スピード

誕生日 1983/01/24
出生地: カルフォルニア マンテカ
公式ウェブ: www.scottspeed.com/ フォーミュラE公式
チーム: アンドレッティ

経歴:

スコット・スピードは名前にふさわしく地球上の主要なモータースポーツカテゴリで競争し、フォーミュラ1最後のアメリカ人として存在しています。

早くからカートで成功したのち、スピードは2001年から車のレースへステップアップし、次のシーズンよりバーバー・フォーミュラ・ドッジ・チャンピオンシップに参加しました。2002年にスピードはレッドブル・ドライバー・サーチにて勝利し、次のアメリカ人フォーミュラ1スターの候補となりました。

レッドブルに裏打ちされたスピードはヨーロッパへ移動し、イギリスF3にて競争、ドイツフォーミュラルノー2.0とフォーミュラルノー2.0ユーロカップにて勝利しました。スピードは2005年のGP2チャンピオンシップにて3位でシーズンを終えました。

レッドブルはスピードをジュニアフォーミュラ1チームであるトロ・ロッソへ置きました。トロ・ロッソとスピードが相互に同意した上で別れたとき、フォーミュラ1の2年連続継続は叶いませんでした。

彼はレッドブルと良い関係を望んだため、スピードはNASCARでキャリアを積むこととしました。彼がアメリカのストックカーにて苦労したのち、スピードは118ナスカースプリントカップレースへ参加し、2008年から2013年の間に4回トップ10入りという結果を残しました。

スピードは2013年にグローバルラリークロスシリーズを開始し、XGamesにてフォズ大会のブラジル・イグアス戦で金メダルを獲得する前にシャルロッテ戦にて勝利を得ました。2014年に彼はレッドブル・グローバル・ラリークロスシリーズにてXGamesより勝利し、XGamesにて金メダルを獲得し、さらにアメリカ・ランボルギーニ・スーパー・トロフェオに選ばれました。

by EVracing


Sébastien Buemi
セバスチャン・ブエミ

誕生日 1988/10/31
出生地: スイス アイグル
公式ウェブ: http://www.buemi.com/fr/  フォーミュラE公式
チーム: eダムス・ルノー

経歴:

セバスチャン・ブエミが初めてF1のアローズの車両を運転したのは15歳の時だった。それから10年、今やレッドブルのとっておきのテストドライバーである。

このカートのテストドライバーとして活躍した後、ブエミはドイツフォーミュラ・BMWへ転向しデビューシーズンで3位入賞を果たした。これはもう1人の有望な選手だったセバスチャン・ベッテルに次ぐ結果である。合計ポイントはブエミが多く獲得したため、オープンホイール・クラスの成長を見る好機となった。

2006年、彼はフォーミュラ3・ユーロシリーズに初出場し、ランキング12位だった。その翌年にはGP2にデビューした。2009年には彼の活躍がトロ・ロッソの目に留まり、1995年以来初となるフォーミュラ1でのスイス人ドライバーとして契約を交わした。

ブエミは2011年までトロ・ロッソでドライバーを続けたが、最近はレッドブルのテストドライバーに戻っている。同時にFIA世界耐久選手権ル・マン24時間レースでも活躍した。

by  W.Yamashita


Stéphane Sarrazin
ステファン・サラザン

誕生日 1975/02/11
出生地: フランス バルジャック
公式ウェブ: www.stephane-sarrazin.com/ フォーミュラE公式
チーム: ベンチュリ

経歴:

ステファン・サラザンはモータースポーツの各方面で競争を行っており、多才で有名なドライバーです。

サラザンは情熱的なモータースポーツファンである彼の父によりカートに乗せられました。彼の若い頃、彼は2つのゴーカートレースのタイトルをつかみとり、1994年のフランスのフォーミュラ・ルノー・チャンピオンに進出しました。

彼は、フォーミュラ3を終える前にフォーミュラ3000でアポマトックスチームにてタイトルを獲得しました。サラザンは、1999年のブラジルGPにて、彼の子供の頃の夢を叶えました。彼は負傷したミナルディのルカ・バドエルの代わりに参戦しましたが、レースの途中ででリタイアしてしましました。

にもかかわらず、プロストGPとトヨタF1チームのテストドライバーに選ばれ、サラザンの努力は2004年に報われました。彼はWRCにスバルから参戦し、初年度から毎回トップ10に入っていました。

耐久レースに移動してからは、サラザンはLMP1クラスに参戦し、名声のあるプジョーからル・マン24時間耐久レースに出場しました。はトヨタからWECに参戦するまでに、2度表彰台に上りました。

by T.Nagamine


Takuma Sato

佐藤 琢磨

誕生日 1977/01/28
出生地: 日本 東京
公式ウェブ: www.takumasato.com / フォーミュラE公式
チーム: アムリンアグリ

経歴:

佐藤琢磨 -通称タク-は東京で生まれて、出生地である日本で自転車ロードレースをやっていて、早々と高校生チャンピオンになりモータースポーツキャリアを開始しました。
1996年に、彼はカートレースを始めて、次の年に関東地域チャンピオンに輝きました。
その同シーズン、全日本チF3選手権出場のためスカラシップを獲得した鈴鹿レーススクール-SRSF-に、入学。
それから、彼はF1ドライバーになるという夢を追求するためにヨーロッパへの移住を選びました。
2001年に、彼は印象的な勝ち方で英国F3タイトルを獲得して、2002年にF1に参戦し始めました。
彼は2004年のF1アメリカグランプリでポディウムを獲得し、BARホンダでチャンピオンシップ8位で終えました。
2010年に活動の拠点をインディカーに動かして、A. J. Foyt Racingに加入する前2回のポールポジションとシングルグリッド13回を獲得。2013年にA. J. Foyt Racingに加入後ロングビーチで初優勝を飾りました。
佐藤琢磨は、チャリティ団体『With you Japan』の創設者でもあります

by T.Kubo


Vitantonio Liuzzi
ヴィタントニオ・リウッツィ

誕生日 1981/08/06
出生地: イタリア ロコロトンド
公式ウェブ: フォーミュラE公式
チーム: トゥルーリ

経歴:

『Tonio』という愛称で呼ばれている、ヴィタントニオ・リウッツィは2001年にレースデビューして、ドイツのフォーミュラルノーのチャンピオンの次にシーズンを終える前に、多数の国内と国外のゴーカートレース選手権で勝利してレースキャリアを開始しました。

2005年にF1デビューをする前にトップチームのアーデンでドイツF3選手権、インターナショナルF3とFIA国際F3000における成功で印象的なイメージを与えました。

1年後に、トロ・ロッソで初のF1フルシーズンを過ごして彼はフェラーリへジャンカルロ・フィジケラが移籍するまで、トロ・ロッソからフォースインディアに移籍をして、2008と2009テストドライバーとリザーブドライバーとして過ごした。

難しいシーズンを2010年は送りフォースインディアでランキング15位で終え、2011年は新しいチームHRTに移籍する。
スペインのチームでコンスタントに結果を出しただけでなく、カナダ(チームの最高位を獲得した)では13位を獲得しました。
彼は、FIA世界耐久選手権(WEC)とスーパースター・インターナショナル・シリーズのスポーツカー・レースで2012年のテスト&リザーブドライバーを務めました。
最近では、彼は3勝と7回のポディウムで2013年のスーパースター・インターナショナルシリーズでランキング3位になって、FIA WECでロータスのドライバーで活躍しています。

by T.Kubo

LINEで送る
Pocket