2014年度参戦チーム

2014年度参戦チーム

LINEで送る
Pocket

Amlin Aguri Formula E Team
アムリン アグリ

本拠地: 日本 東京都
代表: 鈴木 亜久里, Executive Chairman
経歴: アムリン アグリは日本の新しいフォーミュラEチームです。このチームは、フォーミュラEで得たノウハウや、経験が環境意識を形成し、未来の運送需要を解決すると信じています。特に、都市部での開催が次世代の公共・自家用移動手段へ与える影響が大きいとしています。スポンサーであるアムリンは、世界的保険会社で、複雑な決定やリスクマネジメントの専門家です。チームアグリはフォーミュラ1由来の折り紙付きの技術革新があります。アムリン アグリはチーム一丸となって、真摯にモータースポーツと向き合い、真摯に革新を追求し、真摯に勝利を目指します。リーダーシップ、チームワーク、専門的長所と継続性をアムリンの中心として、勝負してゆきます。
ドライバー: アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
サルバドル・デュラン
キャサリン・レッグ
佐藤 琢磨
公式ウェブ: www.amlin-aguri.com / フォーミュラEサイト

by EVracing


Andretti Formula E
アンドレッティ フォーミュラE

本拠地: アメリカ インディアナポリス
代表: マイケル アンドレッティ, President, Chairman and CEO
経歴:

インディアナポリスを拠点とし、伝説のマイケル アンドレッティに導かれて、アンドレッティは複数のベライゾン・インディカー・シリーズにエントリーします。また、アンドレッティは複数のレースに参戦しており、クーパー・タイヤ・インディ・ライツやプロ・マツダ・チャンピオンシップや、フォルクスワーゲン・グローバル・ラリー・クロスはファクトリーチームとして参戦しています。この会社は4回のIZODインディカー・シリーズ・選手権(2004・2005・2007・20012年)と、二回のファイアーストーン・インディ・ライツ(2008・2009年)、USF2000選手権(2010)、そしてインディアナポリス500にて3回(2005・2007・2014年)勝利しています。アンドレッティはドラゴン レーシングと並ぶアメリカ2チームのうち1チームです。

ドライバー: マシュー・ブラバム
マルコ・アンドレッティ
スコット・スピード
ジャン=エリック・ベルニュ
フランク・モンタニー
シャルル・ピック
公式ウェブ: andretti.fiaformulae.com/ フォーミュラEサイト

by T.Nagamine


Audi Sport ABT
アウディ スポーツ アプト

本拠地: ドイツ アルゴイ
代表: チーム・プリンシパル・ハンスユルゲン・アプト
経歴:

ドイツツーリングカー選手権で唯一5つのタイトルを獲得した信用のあるアプト・スポーツラインは、もっとも成功したドイツのチームのうちの一つで、ドイツツーリングカー選手権での勝利に加えて、GTと耐久レースでもタイトルを獲得しています。ドイツのアルゲイウ・レギオンに位置するチームで、プリンシパル・ハンスユルゲン・アプトの主導の元、世界的に著名なツーリングカーレースであるドイツツーリングカー選手権でアウディのファクトリーチームであることから、名前の使用委託を受ける事に成功し、自らをアウディ スポーツ アプト フォーミュラEチームと称して戦います。1990年代にアプトが、はじめてフォルメル ADACとフォーミュラ3にて成功し撤退して以来、再びフォーミュラEにて名を馳せます。

ドライバー: ルーカス・ディ・グラッシ
ダニエル・アプト
公式ウェブ: fiaformulae.com/abt/www.abt-sportsline.deフォーミュラEサイト

by T.Nagamine


China Racing Formula E Team
チャイナ・レーシング

本拠地: 中国
代表: スティーブン・リュー, CEO
経歴:

チャイナ・レーシングは中国のスポーツ省によって認可され、2004年にA1グランプリでチームとして参加し始めた。スティーブン・リューとユー・リューによって指揮され、スーパーリーグフォーミュラやGT1を含むいくつかの国際的なレースシリーズで戦ってきた。そしてチンハー・マー、コン・フー・チェン、ホーピン・タンのような数多くの中国人ドライバーをサポートしてきた。さらにモータースポーツの運営においても北京で行われたフォーミュラE大会も含め、上海、成都市、珠海市、オルドス市で10個のイベントを組織しながら豊富な経験をしてきた。

GP2、ユーロフォーミュラオープンや世界/ヨーロッパツーリングカー選手権に参戦しているスペインのチーム、カンポス・レーシングが中国チームの日常的な運営を行い、創設者のアドリアン・カンポスがフォーミュラEチームのマネージャーをリューとともに担う予定である。

ドライバー: ネルソン・ピケ
シャルル・ピック
ホーピン・タン
アントニオ・ガルシア
公式ウェブ:  www.teamchina-racing.com / フォーミュラEサイト

by W.Yamashita


Dragon Racing
ドラゴン・レーシング

本拠地: アメリカ ロサンゼルス
代表: ジェイ・ペンスキー, Owner and President
経歴:  ドラゴン・レーシングは始め、ジェイ・ペンスキーとスティーブ・ルクソーによって設立されたオリジナルバナーのもと2006年に始まった。2007年5月、インディアナポリス500でデビューし当時のドライバーライアン・ブリスコーとともに5位に入賞した。その2年後のインディカーシーズンでは優勝を果たし、チームのドライバーであったラファエル・マトスがルーキーオブザイヤーを獲得した。最近では2台の車両をインディカーシリーズに出場させており、セバスチャン・サーべドラとチャンプカー・ワールドシリーズで4度の優勝経験があるセバスチャン・ボーデがドライバーを務めている。2013年の主な戦略的な共同出資者はマカフィー、マイクロソフト、トゥルーカー、シボレーであった。インディアナ州インディアナポリスで営業活動を行い、本部はカリフォルニア州ロサンゼルスにある。
ドライバー: ジェローム・ダンブロシオ
ロイック・デュバル
オリオール・セルビア
公式ウェブ: www.mahindraracing.com / フォーミュラEサイト

by W.Yamashita


e.dams-Renault
e.ダムス ルノー

本拠地: フランス ル・マン
代表: ジャン=ポール・ドゥリオ, アラン・プロスト, Co-founder
経歴:

e.ダムス・ルノーは特にフォーミュラEのために成長した新しいチームです。フランス ル・マンに拠点を持つこのチームは、ヨーロッパのモータスポーツ界において最も有名な2人による共同事業です。シングルシーターのトップチームであるダムスの創始者ジャン=ポール・ドゥリオとF1グランプリで4度の優勝経験があるというレース界の伝説を持つアラン・プロストがこのチームを作りました。。ジャン=ポールは約25年間の経験とともに、彼のチームを数々のチームやドライバータイトル獲得へ導いてきました。その中にはインターナショナルF3000・A1グランプリ・オートGP・GP2・フォーミュラ・ルノー3.5などの有名タイトルも含まれます。一方アランは1985,’86,’89,’93年のF1タイトルをはじめ51度のグランプリでの勝利、そして108回の表彰台入りを果たしました。

ドライバー: ニコラス・プロスト
セバスチャン・ブエミ
公式ウェブ: www.edamsrenault.comフォーミュラEサイト

by W.Yamashita


Mahindra Racing Formula E Team
マヒンドラ・レーシング

本拠地: インド ムンバイ
代表: アナンド・マヒンドラ, Chairman & MD of Mahindra Group
経歴:  すでに発達過程において主要な世界的力を持ち、マヒンドラ・レバ・カンパニーでは電気自動車の生産を行うマヒンドラ・レーシングは今シーズン8番手で唯一のインドのチームです。2011年にインドのチームとしてFIMロードレース世界選手権に初出場していることもあり、国際的モータースポーツ界では有名です。本拠地はインドのムンバイで、160.2億ドル(約2兆円)の売り上げを出す多国籍企業で、100か国以上に18万人の従業員を持っています。
ドライバー: カルン・チャンドック
ブルーノ・セナ
公式ウェブ: mahindra.fiaformulae.com / www.mahindraracing.com / フォーミュラEサイト

by W.Yamashita


Trulli Formula E Team

トゥルーリ

本拠地: スイス
代表: ヤルノ・トゥルーリ, 創設メンバー兼ドライバー
経歴:

ヤルノ・トゥルーリはフォーミュラ・ワンの歴史で最も経験豊かなドライバーの1人で、そして、256のグランプリに参加して、常にエントリーリストの上位5位に位置します。彼は、すばらしいイタリアのワインと不動産を扱うビジネス企業家でもあります。このビジネス魂と共にヤルノはEフォーミュラに入って、新しいチームのためにマシンを駆り、彼の人生で最も大きい挑戦に取り組みます。彼自身の名前をシリーズに刻むことが、フォーミュラEがモータースポーツの挑戦を通して将来のテクノロジー開発の最前線にあることを示すと、彼は確信しています。

ドライバー: ヤルノ・トゥルーリ
ヴィタントニオ・リウッツィ
ミケーラ・セルッティ
公式ウェブ:  www.trulliformulae.comフォーミュラEサイト

by T.nagamine


Venturi Formula E Team

ベンチュリ

本拠地: モナコ モンテカルロ
代表: レオナルド・ディカプリオ, 出資者
経歴:

新しいチーム、ベンチュリは、電気自動車メーカーであるベンチュリオートモービルと、出資における先駆者、レオナルド・ディカプリオとギルド・パランカ・パストールの二人に加え、ベルト・ヘダヤとフランシスコ・コスタらの4人によってモナコに共同設立されました。このチームは、受賞した俳優レオナルド・ディカプリオとベンチュリオートモービルを中心に、スポーツカーについてや、都市における実働的な車や、電気自動車での陸上における最高速度記録保持(時速495km)など様々な面において、高性能電気自動車開発の先頭に立ちます。

ドライバー: ニック・ハイデフェルト
ステファン・サラザン
公式ウェブ:  venturi.fiaformulae.comen.venturi.fr / フォーミュラEサイト

by W.Yamashita


Virgin Racing

ヴァージン レーシング

本拠地: イギリス ロンドン
代表: アレックス タイ, Team Principal
経歴:

ヴァージンは、テクノロジーと革新に強く関係しているブランドで、商用利用に置けることができる開拓的なテクノロジーを開発することに熱心です。
ヴァージン レーシングフォーミュラEチームはチーム代表アレックス・タイによって率いられます。この人物は、リチャード・ブランソン卿と並んで、航空のいくつかのヴァージンの開拓的なテクノロジー・プロジェクト、スペースとレースをより近づけるこのプロジェクトに直接関与していました。
ヴァージン・アトランティックGlobal Flyerからヴァージン Galacticまで、ヴァージンは、人々の想像を超える活動を続行しています。
我々はフォーミュラEに、ヴァージンブランドの楽しみ、エネルギーと興奮とともに、この精神を活かすことを楽しみにしています。すべてのファンは2014年9月にこのチームが参戦し見るのが待ち切れないです!

ドライバー: ハイメ・アルグエルスアリ
サム・バード
公式ウェブ: www.virginracing.com/ フォーミュラEサイト

by T.Kubo 

LINEで送る
Pocket